<中高一貫校中学生対象 大学受験指導>研伸館中学生課程

お問合せ先、リンク集
フリーダイヤル 0120-722-593
[受付時間] 月曜~土曜 11:00~19:00
アップ教育企画TOPページ
入学選抜試験のお申込
資料のご請求
マイページ

英語教材『デイリープラクティス』のご紹介

英語教材『デイリープラクティス』のご紹介

中学1年生の英語学習で絶対に躓かない方法

英語教材大幅リニューアル!

英語教材『デイリープラクティス』のご紹介。

2014年、研伸館は中1の英語教材を大幅にリニューアルします。中高一貫校の中学生指導に特化してきた講師陣が「これをすれば英語は絶対に大丈夫!」と断言する、英語学習における「最強の教材」を作り上げました。学習者が迷いなく取り組め、講師が学習を管理しやすく、保護者の皆さんにはお子様のがんばりがひと目でわかる、これまでにない教材です。研伸館英語科が誇る『デイリープラクティス』の特長を紹介します。

※『デイリープラクティス』は、実力練成講座(S+・S・SA)で使用する自宅学習用教材です。学校進度対応講座では使用していません。

中学1年生は「勉強の仕方」を勉強する時期

中学1年生の、特に1学期は、「どのように勉強をすれば効率的か」、「どれくらい勉強すれば良い成績が取れるか」を学習する大切な時期です。この時期の過ごし方が、中学3年間の学力を左右すると言っても過言ではありません。「宿題をしなさい」、「復習をしておきましょう」という指示だけでは、戸惑ってしまうお子様が大勢いますが、逆に、中学スタート時に「勉強の仕方」を丁寧に指導してあげることで、どのお子様も順調に勉強を進めていけるようになるのです。

自然と勉強の仕方と習慣が身につく  -魔法の教材-デイリープラクティス-

研伸館中学生課程英語科のオリジナル教材『デイリープラクティス』は、勉強の仕方と習慣を身につけてもらうことを徹底的に考えて、隅々まで工夫を凝らした自宅学習用教材です。実力練成講座(S+・S・SA)の受講生全員に配布します。『デイリープラクティス』はミシン目のついた「書き込み式・はぎ取り式」問題集で、毎週提出をしてもらいます。

大学受験は「量」だけの学習では難しい。高い「質」と十分な「量」の両立が必須

将来の難関大学受験に備えて磐石の礎を築くためには、質の高い授業と教材で学習し、十分な量の練習をこなして定着を図る必要があります。「わかりやすいだけ」でも「とりあえず量をこなすだけ」でも、将来使える知識にはなりません。中高一貫校の中学生指導に長けた講師陣の楽しくわかりやすい授業を受けたあとは、自宅で『デイリープラクティス』を使って学習し、知識の定着を図るシステムで、躓きのない英語学習を実現します。『デイリープラクティス』には「単語練習欄」、「単語テスト(3回分)」、「例文テスト(3回分)」、「練習問題(重要なものは2度掲載)」、「音読練習回数記録欄」などがあり、「やるべきことがはっきりと自分でわかる」状態で、十分な練習を積むことができます。

デイリープラクティスとは?

特長1 学習の手順が明確にわかる

『デイリープラクティス』では、勉強の仕方を間違えないよう、<学習の手順>を詳しく説明しています。

  • 「わからない問題・答えは書いたが自信のない問題は、授業用テキストの問題番号に印をしてください。」
  • 「答え合わせは必ず自分でしましょう。」
  • 「印をつけている問題を中心に、【再練習】ページで問題のやり直しをしてください。」
  • 「ページ順にまとめて左上でホチキス留めし、名前と中学校名を記入したうえで、次回授業時に提出してください。」

など、丁寧な指示がなされています。学習の手順を明確にすることにより学習が習慣化され、成績向上につながっていきます。

特長2 単語を覚える最強ツール

英語学習の最大の難関は「継続的に着実に単語を覚えること」です。多くの学習者が躓く「単語学習」を、『デイリープラクティス』は最大限にサポートします。本教材には「単語練習用紙」と「単語テスト」のページが用意されており、まずは、「練習用紙」でしっかりと書く練習をした後で、「テスト」を受けます。テストは3回分用意されており、間違えた問題を覚え直して、再テストで確認することができます(1ページで3回のテストを繰り返すために、テストの解答欄は右から使用できるようにレイアウトされています)。疎かになりがちな単語学習を継続的に行うことで、成績向上につながっていきます。

特長3 繰り返し学習を促す工夫がいっぱい

ひとつの問題を繰り返す工夫は、単語を扱うページだけでなく随所にちりばめられています。たとえば、例文を覚えるページでは、まず「穴埋め問題」で練習した後に、「作文問題」で全文を書けるかどうかを試します。最終ページには念押しの確認用にもう一度「例文確認欄」を設けており、小テストの直前に見直しをすることができます。また、「練習問題」も、特に大切な問題は「再練習問題」として2度掲載しており(もちろん解答欄つき!)、「やりっぱなしで終わる」ということがないようになっています。良質な問題を必要なだけ繰り返すことで、成績向上につながっていきます。

中高一貫校生の英語指導は、研伸館中学生課程にお任せください!

研伸館中学生課程の英語講師が中学1年生を指導する際に大切にしていること。それは、生徒自身に「英語ができる人物になるための、英語学習の方法を身につけてもらうこと」です。

少し知識のある人であれば、内容として難しくはない中学英文法の解説をすることはできるのかもしれません。また、生徒もその解説を聞き、目先の問題を理解することはできるのでしょう。しかし、その繰り返しが果たして今後の英語学習にとってよい効果をもたらすのでしょうか。本当に生徒は「英語ができる人物」となりうるのでしょうか。自立的な英語学習への意欲を引き出しつつ、「英語ができる人物」を育てるためには、経験豊富な講師が、最適な教材と最適なシステムを用いながら、生徒の学習の様子を細かに管理していくことが必要です。

研伸館中学生課程では、長年、中高一貫校生の英語指導を行ってきた講師が、学習者のことを徹底的に考えて考案した『デイリープラクティス』などの教材を活用して、お子様に英語学習の方法を丁寧に指導しながら英語力を着実に伸ばし、「英語のできる人物」へと導きます。中高一貫校生の英語指導は、研伸館中学生課程にお任せください。

Copyright 2017 Kenshinkan All rights reserved.