中高一貫校中学生対象の春期講習2018

お申込み受付は終了いたしました。

ひと足はやく、新学年の学習内容を先取り!「春期講習2018」

研伸館中学生課程では、生徒の学力伸長に適した多彩なクラス編成を行っています。目標別クラスでは、学習進度に応じて、複数のレベルを設定し、 他に学校進度に即したクラスを設けることで、自分に合ったクラスで学習できるようになっています。この春、研伸館中学生課程オリジナルのカリキュラム で、新年度のスタートダッシュをサポートします。

研伸館中学生課程の春期講習の特長

1講座から受講可能。必要な講座を自由に選択していただけます。
講習は入学試験なしで受講できます。受講学費のみで、入学金などの諸費用は不要です。
春期講習受講生は、期間中(3/23~4/5)自習室・食事室を利用できます。

研伸館の教室授業をそのまま好きな時間に、専用ブースで受講できます。

講習最終日(4日目)に行うマスターテストの結果によって4月期平常授業への入学認定を行います。

(入学認定対象講座につきましては、デジタルパンフレットの各学年講座案内ページをご覧ください。)

講師からのメッセージ

英語講師から新中2生へのメッセージ

新学年の準備はできていますか? この春、【4日間講座】+【演習編】(2日間集中講座)の6日間を通して盤石な文法力を築き上げ、 余裕をもって4月からのスタートを切りましょう!

新中2英語S・Sでは、中2英文法の中核をなす「不定詞」「動名詞」「比較」の重要ポイントを基本内容から導入し、発展内容まで理論立てて再整理していきます。ここでの理解・定着は、今後学習していく中3英文法や高校英文法の土台を作るという意味で、必要不可欠になってきます。

さらなるパワーアップを図るために、新中2英語S【演習編】では「時制」「助動詞」「受動態」を用いた発展英作文や、現時点で挑戦可能な最高難度の英文読解にも触れていきます。

新中2英語S【演習編】では、例文暗唱と演習問題を通して中2英文法の徹底理解を図り、ハイレベルな英作問題にも挑戦できるようになります。

新中2英語SAでは、中2英文法で最重要項目となる「比較」「不定詞」「動名詞」を丁寧な解説と問題演習で基礎固めしていきます。特に「不定詞」の3用法をしっかりと識別できるようになれば、英語の表現に広がりが生まれ、新たな面白さを発見することができるでしょう。

また新中2英語SA【演習編】では、「時制」(現在・過去・未来)と様々な意味を持つ「助動詞」の徹底演習を行い、中2内容前半までを完璧なものに仕上げていきます。やるべきことは多いかもしれませんが、4月から始まるハイペースな学習にそなえ、今のうちに不安の種を取り除き、自信を培う6日間にしてください!

数学講師から新中2生へのメッセージ

新中2数学Sでは、論証に不可欠の必要・十分条件、高次式を扱う道具となる整式の除法や因数定理など、今後の高校数学の土台と なる知識と計算を高2内容まで一気に習得します。n次式をどのように扱うのか、楽しみにしていてください。

新中2数学Sでは、高校数学のスタートとして3次式の扱いを学習します。中学内容から次数が1つ上がるだけですが難度は格段に上がります。展開、因数分解、対称式など式変形を自由自在に行う技術を手に入れてください。

また、新中2数学S・S【演習編】では幾何分野の発展演習を行います。相似、円、三平方の定理など既習の知識が複雑に絡む難問で幾何力にさらなる磨きをかけていきます。

新中2数学SAでは、平方根という新しい数の概念とその取扱いについて学びます。負の数に続く数の拡張によってさらに広がる数学の世界を体験して ください。授業では基礎計算から応用問題まで幅広く学習します。

新中2数学SA【演習編】では合同・相似、展開・因数分解の発展演習を行います。いずれも代数、幾何の重要単元です。抜けている知識の再確認とさらなる数学力の向上に最適です。

新中2数学SBでは、展開・因数分解という新たな式変形を手に入れます。中3、そしてその先に続く高校数学への長い道のりはここから本格的にスタートします。まずは2次式の扱いを完璧にすることが当面の目標です。

新中2数学SB【演習編】では、1次関数の演習を行います。初めて学習した関数という概念をきちんと定着させるために、2日間たっぷり良問に触れましょう。さあ、皆さんが希望するのはどの講座でしょうか。春休みを予習・復習に有効活用して、ぜひ4月からのスタートに備えましょう!

英語講師から新中3生へのメッセージ

新学年の準備はできていますか?この春、【4日間講座】+【演習編】(2日間集中講座)の6日間を通して確固たる英語力を身につけ、余裕をもって4月からのスタートを切りましょう!

新中3英語Sでは「句」や「節」といった観点から、東大・京大レベルの難解な英文読解における論理的思考法を伝授します。

新中3英語Sでは、高校英文法の終盤内容「関係詞」「比較」「仮定法」について基礎から発展内容までを網羅し、完全定着させていきます。

また、さらなるパワーアップを図るために新中3英語S・S【演習編】では、高校内容でも特に入試で頻出の「時制」「助動詞」「準動詞」「比較」に関して、体系的な文法解説と徹底演習でまとめ上げていきます。SクラスとSクラスでは、いよいよ4月から本格的な英文読解のトレーニングが始まります。文法を道具として自由自在に使いこなせるぐらいにまで磨きをかけていきましょう!

新中3英語SAでは、これまで学習してきた文法単元を「文型」や「句・節」といった視点から見直します。きっと今まであまり意識しなかった英語理解の核となる部分に触れることができるでしょう。

また新中3英語SA【演習編】では「中学英文法の完成」をテーマに、単元の枠にとらわれず標準~発展レベルまでの問題を総括的に演習します。SAクラスでは4月から高校英文法の学習がスタートしますが、その屋台骨を支えるのは中学英文法そのものです。今のうちに不安の残る単元は重点的に復習し、中学内容の完全定着を目指しましょう!

数学講師から新中3生へのメッセージ

新中3数学S・Sでは、新中3数学S・S【導入編】と合わせた6日間で三角関数を学習します。図形問題への応用をテーマとして学習 した三角比からさらに深く、sin,cos,tanそのものに焦点を当てて性質や計算則などを学び、関数として捉えていきます。覚えるべき公式も多く登場し、 質・量ともに既習の単元とは一線を画す高難度の単元ですが、それだけに手に入れたときには非常に強い武器となります。この機会に6日間、どっぷりと三角関数の世界に浸りましょう。

新中3数学SA【演習編】では、数Ⅰ最重要単元である2次関数の発展演習を行います。最大・最小や方程式、不等式との関係など特に重要なテーマを中心に扱います。苦手な人も得意な人も数学力の底上げに最適です。また、新中3数学SAでは場合の数を扱います。当然高校数学ですので、計算の道具も問題のレベルも今までとは一味違います。「何となく」ではない正しい考え方をぜひこの講座で身に付けてください。

そして新中3数学SBではいよいよ数Ⅰ最重要単元である2次関数を学びます。基本的なグラフのかき方から始まって、重要テーマである最大・最小まで一通り扱います。4日間の受講後には、数学力が確実に上がっていることを実感できるでしょう。

また、新中3数学SB【演習編】では、数Ⅰ方程式・不等式の演習を行います。判別式や2次不等式など重要な計算が目白押しです。新中3数学SBに向けての復習、知識の確認もこの講座で万全です。

春期講習スケジュール

開講期間

1講座 90分授業× 4日間

ターム 期間
Aターム 3/23(金)~3/26(月)
Bターム 3/28(水)~3/31(土)
Cターム 4/2(月)~4/5(木)

※講座によりターム・時間帯が決まっています。時間割にてご確認ください。
※ただし、2日間集中講座は、各タームの前半あるいは後半の2日間で実施します。

授業時間

時限 授業時間
1限 9:00~10:30
2限 10:45~12:15
3限 13:00~14:30
4限 14:45~16:15
5限 16:30~18:00
6限 18:15~19:45
7限 20:00~21:30

開講講座詳細

全開講講座の詳細は、以下のデジタルパンフレットをご覧ください。

パンフレット表紙をクリックすると新たなウィンドウが開き、パンフレットの内容がブラウザ上で閲覧できます。

※閲覧推奨環境に関しましては、デジタルパンフレット閲覧推奨環境についてをご覧ください。

春期講習学費

以下はすべて税抜表示です。

教室授業

4日間講座
講座数 校内生 校外生
1講座 12,000円 13,500円
2講座 24,000円 27,000円
3講座 34,000円 38,000円
4講座 42,000円 47,000円
5講座 49,000円 55,000円
6講座 55,000円 62,000円
7講座 61,000円 69,000円
8講座以上 1講座につき6,000円追加 1講座につき7,000円追加
2日間集中講座
  校内生 校外生
1講座につき 5,600円 6,200円

VOD授業

研伸館の教室授業を収録した映像授業を、自分の都合に合わせて視聴できるシステムです。


レギュラー受講 校内生 校外生
4日間講座 10,000円 11,000円
2日間集中講座 5,000円 5,500円

レギュラー受講とは・・・春期講習の時間割と都合が合わない場合に、教室授業の代わりとして、4回または2回全てをVODで受講する。

スポット受講 校内生 校外生
1回ごと 無料

スポット受講とは・・・春期講習の教室授業の受講生が、欠席した授業を(または復習 のため)VODで1回分受講する。


教室授業とあわせてVOD(レギュラー受講)を受講される場合は、「教室授業とVODの合計」が学費となります。ただし、VODの講座を教室授業の料金と見なすほうが安価になる場合はVODを教室授業の学費として取り扱います。

例)教室授業(4日間講座)3講座とVOD(4日間講座・レギュラー受講)2講座の校外生の場合
教室(3講座)+VOD(2講座)=合計(5講座)
38,000円 +22,000円 =60,000円
→教室5講座料金55,000円のため、教室授業5講座の学費として取り扱います。

※教材費は学費に含みます。

お申込みから受講まで(一般生)

1受講講座を決める

ご不明な点、お悩みの点等ありましたら、各校の窓口にお気軽にご相談ください。

2お申込み(受付開始2/15(木)~)

申込み受付は終了しました。

申込締切 各講座開始3日前19:30までです。
お問合せ先 各校舎
  • 締切日前でも定員に達した場合はその時点で締め切らせていただきます。
  • お申込み後の講座の減少・取消はできません。 納入された学費は、いかなる場合もお返しできませんのでご了承ください。
  • お電話でのお申込みは受け付けておりません。

3学費納入

申込後、「学費等お振込のご案内」を郵送いたします。期限(学費等お振込のご案内に記載)内にお振込みください。

4テキスト配布

申し込まれた中学生課程各校舎で配布いたします。校外生の方は、学費を振込み頂いた後、お受け取りください。

配布期間 3/15(木)~
配布時間 11:00~19:30
(JR住吉校・高の原校、上本町校(月~金)は13:00~19:30[3/21(水)まで])
配布場所 研伸館中学生課程 各校舎受付

※学校進度対応講座のテキストは、第1回授業で配布いたします。

5春期講習受講

  • 授業教室を確認のうえ、座席表に従って着席し、授業を受けてください。(授業教室と座席表は館内に掲示しております。)
  • 授業初日は少し早めにお越しください。
  • ご不明な点等ございましたら、窓口受付にお尋ねください。

講座の追加申込について

締切は、各講座開始3日前までです。(一旦申し込まれた後、受講講座を追加される場合は下記の手続きを行ってください。)
※定員に達している場合は追加できません。

申込方法 「講習受講変更届」の提出が必要となりますので、受付窓口にてご確認ください。
学費 追加後の全学費と既に納入いただいた学費との差額の振込明細書をお渡しします。振込期間内にお振込みください。
【テキスト】
追加分の学費をお振込み頂いた後、受け取ってください。