クラス設定

難関大学現役合格への多彩な講座群の図解

難関大学現役合格のためにどのクラスを目指しますか?全国トップレベルの超難関大学を突破するための「実力錬成講座」

理系学部への大学進学を望む生徒のための「物理化学講座」

名門の中高一貫校に対応した「学校進度対応講座」など、最適なクラス設定を用意しております。

実力錬成講座(英語・数学)

トップレベルクラス
-東大・京大・難関大医学部を目指すクラス-

■受講者主要中学
灘・東大寺・洛南・甲陽・大阪星光・洛星・神戸女学院・四天王寺・大教大附属各中学・奈良帝塚山・神大附属など

トップレベルS+/S クラス-英語

東大・京大・難関大医学部を目指して、全国トップレベルの実力を養成します。

トップレベルクラス英語のカリキュラム表

中1・中2時は反復練習による文法知識の定着に主眼を置き、中3からは英文解釈の力を磨いていきます。さらに、Sクラスはプラスされた時間で、学習段階に応じた発展指導を行い、中3時には難関大学入試問題に挑戦できるレベルまで英語力を引き上げます。

トップレベルS+ クラス-数学

東大・京大・難関大医学部を目指して本質を見抜く論理的思考力を磨きます。

トップレベル数学のカリキュラム表

東大・京大の入試を見据え、早期からハイスピード・ハイクオリティな授業を提供します。入試には直接関係ないと思われる事項でも、数学力の根底部分である論理的思考力の向上に寄与する部分は、時間をかけて説明し、数学の本質を伝えていきます。

トップレベルS クラス-数学

東大・京大・難関大医学部を目指して2次試験のためにまずは知識の習得を最優先します。

トップレベルS数学のカリキュラム表

思考力の錬成の土台となる広く深い知識と、解法時に自由自在に使いこなせる道具を高いレベルで習得させていきます。
また、進度の面で大きなアドバンテージを手に入れることで、高校3年間は身につけた知識の運用力を高めることに集中できます。

ハイレベルクラス
-京大・阪大・神大を目指すクラス-

■受講者主要中学
東大寺・洛南・甲陽・大阪星光・洛星・六甲・高槻・清風・西大和・神戸女学院・四天王寺・神戸海星・金蘭千里・奈良帝塚山・奈良学園・大教大附属各中学・神大附属・京教大附属・大谷・甲南女子・明星・小林聖心・親和・京都女子など

ハイレベル クラス-英語

京大・阪大・神大を目指して、総合力を身につけるバランスのとれたカリキュラムです。

ハイレベル クラス-英語のカリキュラム表

入試に大きく関わる文法単元を厳選し、整理して指導します。また文法を早期に確立してから反復演習するカリキュラムを組み、総合力の礎となる基礎文法を定着させ、本格的な読解に向けて無駄なく学習を進めていきます。

ハイレベルA クラス-数学

京大・阪大を目指して思考力と柔軟性を育てるクラスです。

ハイレベルA数学のカリキュラム表

大学入試に向けて速い進度でカリキュラムをこなすことも大切ですが、中学時代は目前のハードルを一つひとつ越えつつ、将来を見据えて思考力と柔軟性を鍛える学習こそが重要です。

このことを意識し、すべてにおいて“なぜ”を考える姿勢から指導します。

ハイレベルB クラス-数学

阪大・神大を目指して常に高校数学を意識したカリキュラムです。

ハイレベルB数学のカリキュラム表

※2020年度の中1生は、ハイレベルAと同じカリキュラムになります。

阪大・神大を目指す場合、まず必要なのは各単元を確実に習得し、標準レベルの問題を解きこなせる状態に仕上げることです。

スピードよりも理解を重視し、中1・2の約2年間で高校数学への土台をつくり、その後約1年間で数Ⅰ・数Aをほぼ終えるペースで学習していきます。

ハイレベル[学校別]-数学

学校進度に寄り添いながら、徐々に進度を早めた学習を行うクラスです。

[清風](中2)<上本町校>

清風中学 理Ⅰ・Ⅱコースの生徒対象です。

中2の冬期講習から本格的に高1内容に入り、中3の冬期講習から数学Ⅱの内容を始めます。これにより、研伸館のオリジナルクラス「ハイレベルB」とほぼ同じ内容を終えて高1を迎えます。

[大教大附属](中1~3)<天王寺校>

大教大附属天王寺中、大教大附属平野中の生徒対象です。

中3の1学期に中学内容が終わるペースで進めます。中3の2学期から本格的に高1内容に入り、高1終了時までに高2内容を終了させます。

物理化学講座

-国公立大医学部・東大・京大を目指すクラス-

理系志望の生徒にとって、理科の成績が合否の鍵を握ります。中3から4年間かけて、計画的かつ着実に知識を蓄えていきます。

医学部S クラス・ハイレベル クラス

中3~高3の4年一貫カリキュラム中3より開講!

研伸館物理化学の4年一貫指導カリキュラム概念図

※四角で囲われた内容が学習単元になります。

【物理】各単元のつながりを意識して、核となる概念や公式を学びます。

【化学】化学の理論を活用していけるための土台を学びます。

  1. 最難関大学・学部を目指した研伸館独自の4年一貫カリキュラムによる指導
  2. 最重要分野に的を絞った深い理論解説
  3. 復習テストによる確実な実力定着

灘 クラス・甲陽 クラス

学校別クラス中3より開講!

  1. 学校進度に対応した復習講座

    まずは学校の定期テストの成績を常に上位で維持することを目標とします。

  2. 学校内容を熟知した講師による専門的指導

    オリジナル教材を毎週作成し、それを基に定期テストに直結する授業を行います。また、学校の進度に合わせ高校物理化学の内容に踏み込んだ学習も行います。

  3. テスト対策演習による実力定着

    テスト直前期には独自の対策演習を行います。

国語講座

大学受験に直結する能力を身につける中2・中3国語講座平常授業開講!

  1. 大学入学共通テストに必要な、読解力・思考力を育成

    2020年度(2021年1月実施)からの大学入学共通テストでは“早く正確に読む力”が不可欠です。そのために、高い処理能力と論理的思考力を身につけます。

  2. 基礎から始めて最難関大学にまで到達する古文・漢文の指導

    現代文では抽象的な事象を理解することに努め、古典では多様な価値観と思考方法を学びます。

  3. 文章構造の把握・語彙力の強化・表現力の上達のための現代文の指導

    円環的に反復する授業カリキュラムにより「読める」脳を育みます。毎回のテストと語句プリントにより「書ける」力を究めます。

学校進度対応講座

学校内容を確実にフォロー。

中高一貫校に対応したクラスがあります。研伸館中学生課程はすべての授業内容や進度を把握しています。

1各学校在籍生のみを対象にしています。

学校授業の難度に応じて、講義中心・演習中心の授業を切り替え、進度調整、定期試験対策、成績管理など細かくサポートします。

2学校の成績を上位で安定させ、大学現役合格へ。

毎年難関国公立大学に多くの合格者を出している学校では、学校の成績を上位で安定させることが後の大学現役合格につながります。そのための学習習慣の確立を重視しています。

3学校の授業に準拠したオリジナル教材を使用します。

基礎から応用まで様々なレベルに応じた研伸館オリジナルの教材は、学校の補習にとどまらず真の学力養成を目指し、最少の時間と労力で最大の効果を生み出します。

灘の場合

  • 圧倒的なスピードと学習量を誇る灘において最も注意すべき点は、なるべく早期に学習習慣を確立することです。灘では数カ月の遅れが公立校の1年分に匹敵しますので、中1・中2段階でのほんの少しの気の緩みが致命傷になりかねません。
  • 研伸館の灘クラスでは、担当講師が学校での学習状況を詳細に把握し、短時間で最大の効果を生むように入念な準備をした上で授業を展開しています。
  • その際に最も気を配るのが上述の「学習習慣の確立」です。塾の授業時間内だけ頑張るのではなく、1週間を通じて計画的に学習できるよう、生徒の自立を促します。
  • その結果、生活全般に余裕が生まれ、活動日の多い運動部に所属する生徒たちも、「クラブがあるから塾に通えない」のではなく、「クラブをしっかり続けたいから効率的に学習できる研伸館に通う」と言ってくれています。

東大寺学園の場合

  • 東大寺の数学は学年ごとに特徴があり、授業の理解や宿題をこなすことにも対策が必要です。学校成績を上位で維持 し続けることがそのまま高度な学力、そして大学入試に直結するものとなっています。
  • 英語は文法力・語彙力・リスニング力が高水準でバランスよく求められており、内容の深い理解を基盤とした徹底演習が欠かせません。
  • 東大寺クラスの授業は、学校使用教材や授業プリントを研究の上、学校進度に完全に対応した独自のプリントで行います。必要に応じて基礎や発展問題の解説などを織り交ぜ、学校内容の完全理解を目指す講座です。

甲陽学院の場合

  • 数学において、その進度の速さ・質は日本でもトップレベルであり、「習うより慣れろ」が甲陽の数学です。理解→練習→定着のサイクルをいかに速く、効率よくこなしていけるかが学習の要となります。
  • 英語は検定教科書とともにプログレス21(2015年度中1)を採用しており、文法事項の多角的な理解と多数の語彙・熟語の早期習得が求められます。
  • つまり英語・数学どちらにおいても、学校成績の安定がそのままトップレベルの学力を構築することにつながります。
  • 甲陽クラスでは定期考査の成績向上、ならびに上位成績維持を目標に、
    (1)使用テキスト・配布プリントの研究とそれを基にした指導、
    (2)学校学習のペースメーカー的役割を果たす授業内小テストの実施、この2点を柱に据え授業を展開していきます。

大阪星光の場合

  • 星光の数学は、その学習内容の高度さゆえに学校内での学力差が大きく、突出した学習進度のためにひとたび遅れをとると挽回が難しくなってしまいます。
  • このような状況の中では、自分一人で学習することは容易でなく、学校の進度に合わせながら行われる研伸館の星光クラスでの授業が支えになることは間違いありません。
  • 星光クラスの授業は学校進度にフィットさせるためプリント形式で行い、主に学校でできなかった内容や繰り返しが必要な単元を扱います。もちろん基本からの復習が必要な場合は基本事項から指導します。
    学校で学習する内容を一つずつクリアしていく先に、難関大学現役合格が見えてきます。

学習進度だけでなく、いつも「難しすぎず、易しすぎない」クラスで勉強してもらいます。

認知心理学者ミハイ・チクセントミハイ氏は『フローの理論』を提唱し、「人は、難しすぎず、易しすぎず、“最適”な課題を解決しようとする中で、自ら考える楽しさを感じ、感情的にも満たされ、好奇心や探求心とともに、驚くほどの集中力を見せる[没頭状態:フローの状態]」と説いています。

研伸館中学生課程では、各学校の学習進度や内容を長年にわたって研究し、さらに、各校舎・各講座・各教科・各クラスの一人ひとりの状況を見て、その時々に常に最適な課題を提示し続け、「もっと知りたい」「もっと問題を解きたい」という意欲をかきたてていきます。

進度やレベルに応じた独自のクラス設定も行っていますので、能力が開花し、より深く、より難しい問題を解決する意欲や学力が生まれた時期に、上位クラスへの進級という飛躍のチャンスも訪れます。
中学生時代に知見を深め、広めることで、大学入試への伸びしろが大きくなると言えるのです。

脳科学に基づいて、知識を確実に定着させるためのプログラムを設定しています。

人間の記憶(知識の定着)には脳科学的に以下のことが重要とされています。

〈適切なタイミングでの反復(再現)〉
〈アウトプット(出力)の機会〉

そこで、研伸館中学生課程では、

  1. 授業:授業内での重要事項の繰り返しとまとめ
  2. 復習:研伸館自習用教材を使って問題演習や覚え直し
  3. テスト:毎週のチェックテストでの確認
  4. 復習:学期ごとのマスターテストのための復習
  5. テスト:学期ごとのマスターテストでの総括
さらには、学校での学習との相互作用による相乗効果も重視しています。