卒業生・保護者の声

卒業生の声

ぜひご一読ください。中学生課程から研伸館に通い続けて現役合格を果たした卒業生たちの声です。

京都大学工学部 現役合格(洛星中学・高校卒)

中学生の間に実力がついたと実感できました。

英語は、中2で早めに高校の英文法を終え、中3で難しい文章を読むことができたおかげで、中学生の間に実力がついたと実感できました。中学生課程では「マスターテスト」があり、テストごとに勉強する習慣もつきました。先生に毎週の英語の添削をしていただいたり、数学の質問にも丁寧に答えていただいたことが、将来の現役合格につながったと感じます。

京都大学理学部 現役合格(洛南中学・高校卒)

先生のお話により、6年間の道のりが認識できた。

研伸館中学生課程の授業は高校生課程も見据えた内容で、先生方のお話を聞く中で、ぼんやりとではありますが6年間の道のりが認識できたと思います。「将来の大学現役合格のためには、中学生の今、勉強しなければならない」と気づくことができたのは先生方のおかげです。私はあまり自分から質問するタイプではなかったのですが、先生の方から声をかけてくださったのでとても助かりました。

大阪大学医学部医学科 現役合格(奈良学園登美ヶ丘中学・高校卒)

自律した学習ができるようになりました。

研伸館中学生課程は講師との距離が近く、分からないことはその日のうちに理解することができました。中学生の頃からスケジュールを作って勉強するようになり、勉強が嫌にならず自律した学習をすることができました。最初は英語自体に抵抗があった私でしたが、ユーモアのある面白い授業のおかげで、中1の時点で英語を好きになることができました。また先取り学習ができるので、学校の授業の理解度も圧倒的に上がります。

大阪大学外国語学部 現役合格(大教大附属天王寺中学・高校卒)

解き方を一から固めてもらえたことが大きかったです。

体験授業を受けてみたところ、自分に合っていると感じて中1の時に入学しました。中学生としての勉強の仕方を知らず、右も左も分かっていなかった中、気がつけば苦手になっていた数学の解き方を一から固めてもらえたことが私にとって非常に大きかったです。苦手でもその科目から逃げずに勉強する癖がついたと思います。先生も私のことを把握してくださり、よく声をかけてもらえたのも良かったです。

神戸大学医学部医学科 現役合格(東大寺学園中学・高校卒)

学校の授業を余裕をもって受けられ、理解が深まりました。

学校からも自宅からも近く、通塾が負担にならなかったので、学校や家での時間を削ることなくのびのびと学習できました。学校よりも授業の進度が速いため、研伸館中学生課程で予習、学校で復習というような形で学習していました。数学の授業では、疑問に思ったり分からなかった時には授業中でもすぐに質問することができました。進度も速かったので、学校の授業も余裕をもって受けることができ、数学の理解も深まりました。

神戸大学工学部 現役合格(神戸女学院中学・高校卒)

チェックテストのおかげで復習の習慣が身についた。

英語の授業はとても楽しく、英語を学ぶことは楽しいんだと気づくことができました。数学の授業では解き方を丁寧に説明してくださったので、苦手意識を抱かなくなりました。毎回のチェックテストで自分がどれだけ理解できているかが分かったのでよかったです。復習をきちんとしていなければ難しいテストだったので、復習の大切さが分かり、中学のうちにその習慣が身についたことも将来の現役合格につながったと思います。

神戸大学国際人間科学部 現役合格(四天王寺中学・高校卒)

学校別講座は、アットホームな雰囲気が楽しかったです。

同じ部活の友人が通っていた研伸館中学生課程に入学しました。「英語四天王寺」の授業は、同じ学校の人だけの少人数クラスだったのでアットホームな雰囲気が楽しかったです。先生方も気軽に話すことができ、高校生になってからもコミュニケーションが取りやすかったです。家では勉強に集中できない時も、研伸館中学生課程には自習室があるので中学生の頃から勉強する習慣がつきました。

保護者の方々の声

保護者の方々も、研伸館にご満足されています。

研伸館に決めた理由は何ですか?
担当の先生との「距離感」です。大教室でマイクを使って、となると、授業中の先生と生徒とのやりとりも少ないでしょうし、授業以外での質問にいくのもはばかられます。質問や世間話を気軽にさせていただけることが最大の理由でした。
中高一貫校に対して手厚い指導があると先輩のお母さまからきいていたので、以前から研伸館に興味を持っていました。中学受験が終わり中学準備講座を受け、初めが肝心という精神に親子で目覚め入塾を決めました。
また高3までの期間は長いようで短いものだとも思うので、常に意識を高く持つ必要があると思っていたなか「現役合格」をモットーとする指導方針もとても頼もしく思えたのでそこも入塾の決め手となりました。
進学館代から、イベントなどの参加を通して同じアップ系列である研伸館の雰囲気に慣れていて、講師陣の方々のご指導、ご対応には信頼できる確信がありましたので、親子共に悩むことなく入塾を決めました。

お子様が研伸館に入学した時のことを教えてください。
中学準備講座からの続きで入学したので、とても自然に違和感なく授業を楽しみながら受けることができていました。
初めて習う英語にも全く戸惑うことがなく楽しみながら親しみをおぼえどんどん慣れていきました。
数学と算数の違いにも気付きすぐに切り替えて吸収していました。新しいことに触れる喜びがこちらにも伝わってきました。
中学受験とはちがう勉強に、真の楽しさをみつけたようでそれはまさに雪解けの春がきたようでした。
顔見知りの講師の方もいらっしゃったので、小学校からの延長のようでした。また「授業がとても分かりやすい」と、楽しく毎週、通塾していました。
初日は不安が強かった様に思います。しかし、授業が終わって帰宅した時には「やっぱりこの塾にしてよかった。とても面白い」と言っていました。
とても講義が分かりやすく、楽しかった様で、目を輝かせて帰ってきた気がします。受験後はなれていた、忘れかけていた勉強の楽しさを思い出したようでした。

具体的に研伸館に入って良かったことを教えてください。
授業はとても面白い様です。先生方は子どもの色々な話を聞いてくださり、子どもはとても先生を信頼しています。
また、別の学校のお友達もできて、世界を広げているようにも思います。
ほぼ知り合いのいない状態で学校生活をスタートさせましたが、研伸館で出会うお友達との関係も深まり、学校のクラスをこえた仲間関係が築けているようで良かったです。
学校が自主性に任せる校風であったのでなかなか自分から勉強に向かえない息子は不安点が多かったですが、塾で勉強することで多少でもペースをつかめているようで、それが一番良かった点です。
先生方の丁寧で熱心な授業は心に響きよく理解できています。つまずきそうな単元もすぐにフォローしてくださり、その的確かつ迅速な対応には日々感謝しています。
宿題もきめ細かいチェックを入れてくださり安心して全面的にお任せできるのでとても心強いです。
事務の方の対応もしっかりとしていてとてもいいです。あらゆる面で信頼できる研伸館に入ってとてもとても良かったです。

担当講師に関しての思い出などがあれば教えてください。
英語の授業を受けた後は一人でくすくすと笑っています。かなり面白いことをおっしゃっている先生に、教室内では我慢して笑いをこらえているので後から笑っているらしいです。思い出し笑いなのでしょうか・・・。
勉強面ではこまかい所まで宿題チェックをしてくださり授業も丁寧でとてもわかりやすいと言っています。学習相談会や普段のお電話などでも保護者の質問にも全力で対応してくださり感謝しております。
数学の授業も丁寧でとてもわかりやすいので以前よりも好きになっていると言っていました。次も頑張ろう!という明るい気持ちになるみたいです。
チェックテストの点数が思わしくない時期には、お電話をくださり、塾以外でも気になることがあればどんなことでもご相談くださいと心強いお言葉をいただきまして、とても気持ちが楽になると同時に先生とのご縁に感謝いたしました。
中学受験の勉強は親子二人三脚だったのが、入学後子供自身の自主性に任される環境になり、不安で一杯でしたが、担当の先生がこまめに連絡をくださったり相談に乗ってくださりしたのでとても安心できました。

研伸館に入ってお子様が変わったと思うところをあげてください。
他の学校の生徒さんがお友達になってくれていることが心強く、塾に通うことが楽しみになっています。自分で課題を見つけて、質問をすることが、目立って変化、成長したところだと思います。
とても自主的に勉強するようになりました。最近では週に3日通塾していますが更に1日自習をしに塾に行っています。今月からは自習日を週2日に増やす予定をしている様です。
他校の生徒さんたちと一緒に学習することにより、よい刺激を受けています。自ら進んで自習室で学習したり、「負けたくない」という気持ちが少しずつでてきたように思います。
又、少し先取りの学習を塾で受け、その復習として学校の授業を受けることもあるようで、学校での授業に対する不安や苦手要素が少なくなりました。その余裕から、前向きに学習に 取りくめるようになりました。

これから中高一貫校に通う方々に、アドバイスをお願いいたします。
この6年間は小学校の6年間以上に大きく身体も心も成長する期間だと思います。中でも勉強のストレスは良くも悪くも影響が大きいので、そこを早い段階で土台固めしておくことが重要かと思います。
中学受験を終え少し休ませてあげたいという気持ちと中学に入ってから遅れをとっては困るという気持ちがせめぎあい、なかなか判断できない日々が続くかもしれませんが、そこは冷静に考えて長い目で見たらどちらの判断が正しいのかと自問したら答えが見えてきます。
中学受験がおわった途端に普段与えられていなかった漫画やゲームをふんだんに与え自由時間を無限に与えることは、その先を全く考えていない行為につながる可能性があります。本人のためにも生活のスタイルを整え次の大学受験に備えた環境を中学入学以前から整えてあげるべきだと思います。
中高一貫校は進度がはやく、一度わからなくなると授業についていけなくなるので、塾で先取り学習をして学校で知識を定着させるのが良いのではないかと思います。
外に目を向けることを忘れないように私達も気をつけるようにしています。6年間同じ学校に居続けるとだんだん自分に甘くなってきてしまいます。今の自分の位置に満足することなく常に少し上を向いてがんばってほしいと思います。
新中1中学準備講座
入学試験申込み
0120-722-593
[受付]月曜~土曜 11:00~19:00

※講習中など、受付時間が不規則な場合がございます。