新中1数学灘<幾何先取り>~ユークリッド幾何学序章~

お申込み受付は終了いたしました。

【灘新中1生対象 4/2・3開講!】算数と数学の決定的な違いは何か?

合格おめでとうございます。灘中学に入学される皆さんにおいては、算数は受験を勝ち抜くためのとても頼りになる武器だった、という人も少なくないと思います。

計算問題を解くスピードと正確さ、図形問題で補助線を見抜くセンス、初めて見る問題でのひらめきなど、これまで磨いてきた力は数学の学習においても皆さんを助けてくれる強い味方となります。

ただ一方で、算数と数学には決定的に違うところがあります。答えを求めることに特化していた算数に対し、論理の厳密さと途中経過が重視される数学。その傾向がより顕著に現れるのが幾何学なのです。

4月からの幾何学の学習では、例年「公理」と呼ばれる土台の部分から始まり、「定義」「定理」「証明」へと進んでいきます。公理と定理の例を1つ挙げましょう。

<公理>
「異なる2点を通る直線は1つあって1つに限る。」
<定理>
「2直線が別の直線と交わってできる錯角が等しいならば、2直線は平行である。」

定理を見て当たり前だと思いますか?

この当たり前なことをきちんと説明しようとすると、実は公理が必要になります。こういうことを厳密に扱うことが求められるのです。

毎年戸惑う子が続出するこの単元でアドバンテージを得るべく、研伸館中学生課程JR住吉校では「新中1数学灘<幾何先取り>(2日間)」を開講いたします。

入学前の準備にぜひご検討ください。

新中1数学灘<幾何先取り>2020 概要

対象 灘中学に入学予定の新中学1年生
日程 4月2日、3日 10:45~12:15(2日間 各90分)
会場 研伸館中学生課程JR住吉校
学費 6,200円(税抜)
中学準備講座(5日間講座)をお申込みの方は、3,100円(税抜)
※授業料は、後日郵送する振込明細書にしたがってお振込みください。
☆中学準備講座「ハイパー数学」とセットでの受講がおすすめです。
持参物 筆記用具

お申込みについて

申込締切 3月30日(月)19:30(定員になり次第締切とさせて頂きます)
申込方法
申込み受付は終了しました。
お問合せ先 研伸館中学生課程JR住吉校
TEL:078-842-4811/FAX:078-842-7633