中高一貫校中学生の冬期講習 中2

研伸館中学生課程の冬期講習は、

  1. 1講座から受講可能な単科講座制
  2. シンプルな無試験申込み制
  3. うれしい施設利用特典
  4. 自分のペースに合わせて受講したい人に最適なVOD受講システム
  5. 冬期講習受講後につながる1月期入学認定

学問の本質に触れると、ひとりで考えるチカラがつきます。するとそれは本物の知識となり、実力となります。

合格実績

多くの有名進学校の生徒が通う研伸館だからこそ、ハイレベルな生徒たちと共に学び、競い合い、難関大学現役合格への道が拓けるのです。

担当講師からのメッセージ

中2英語トップレベルS+

目標この冬、他では決して学べない英語の本質を捉えよう!

トップレベルSクラスでは高校英文法の学習が大詰めを迎えていますが、来春からは本格的な長文読解の授業が始まります。冬期講習では、今後の高度な英文読解学習を見据えたハイレベルな思考法を伝授します。

通り一遍の学習ではなかなか本質の掴みにくい「比較」をテーマに扱い、単語や文法を知っているだけでは読み解くことのできない大学入試レベルの複雑な英文に挑みます。ときには英語の歴史や文化的背景にまで踏み込んで考察していきます。

受講後はこれまでとまったく違った英語的発想で英文解釈をしている自分に気づくことでしょう。


中2英語トップレベルS

目標この冬、「文法漬け」で驚異的なレベルアップを目指そう!

あなたが装備している文法力は現在どのくらいのレベルですか?

高校英文法の完成に近づきつつある皆さんは今後、超難解な「英文読解」へと突入します。知識の獲得が求められるinput 型の「文法問題」に対し、文法を運用する論理的思考力を必要とするoutput 型の勉強に移行していくと思ってください。

文法は長文読解の土台であり道具でもあるのです。そして、そのアイテムをレベルアップさせなければいけない時期がこの冬なのです。講義ではポイントを押さえた文法問題演習と英文読解も交えながら、高校英文法の深い理解と定着を図っていきます。

「文法漬け」の4日間を過ごして、一回りも二回りも成長する冬休みにしましょう!


中2英語ハイレベル

目標この冬、中学英文法を完全制覇しよう!

中2英語ハイレベル【前半】・中2英語ハイレベル【後半】を併せた6日間で取り上げられる単元の錚錚(そうそう)たる顔ぶれをご覧ください!

いずれも中2・中3英文法において超重要単元であるとともに、これからみなさんの英語学習においてかけがえのない存在となっていくのは間違いありません。

これらの単元を定着させることは、言うなれば英語学習における最初の険山を踏破することになります。冬山の厳しさは言うまでもありませんが、それに耐え登頂したときにはあらゆる面で成長した自分に出会えます。

この冬で中学英文法を制覇し、新たな英語の世界への一歩を踏み出しましょう。


中2数学トップレベルS

目標この冬、座標を使いこなそう!

幾何問題へのアプローチには様々なものがあります。相似と三平方の定理を土台とする平面幾何、正弦・ 余弦定理を駆使する三角比など多くの道具を身に付けてきましたね。

この冬、中2数学トップレベルSでは図形を座標と数式で表すことを学びます。

関数や初等幾何、ベクトルなど様々な単元と絡む重要な内容です。新しい知識を手に入れ、同時に既知の知識を組み合わせて思考力を高めていくことは、東大・京大現役合格への王道です。


中2数学トップレベルS

目標この冬、三角比を制覇しよう!

新しい数学記号「sinθ,cosθ,tanθ」の登場です。本格的な高校数学って感じですね。円における中心角と弦の長さの関係の研究に端を発する三角比。

中2数学トップレベルS【前半】では、その代数関連分野を指導していきます。新しい概念である三角比に慣れてもらうことが最大のテーマです。ただこれまでの数学と違って覚えてもらうことが前提の単元です。まず覚える!そしてその運用法を磨き上げる!ここを厭うと苦手単元の出来上がり。今日習ったことは今日覚えるという姿勢で臨んでください。

中2数学トップレベルS【後半】は、図形問題で利用する定理の学習です。まだ今は大学入試で戦える道具を身につける段階です。精度の高い立派な道具を1つずつ習得していってください。


中2数学ハイレベルA

目標この冬、数学Ⅰ:2次関数をマスターしよう!

高校数学の学習は順調ですか?中学数学のときはもっと点数が取れたのに…といったことはありませんか?

原因は、高校数学では1つの問題が1つの知識だけでは解けないことにあります。広い知識を求められる高校数学では土台となる単元がしっかりしていないと、上に積み上げていくことが難しくなってしまいます。

中2数学ハイレベルAでは本格的な高校数学「2次関数」を学びます。この単元も独立したものではなく、先々で学習する関数のほとんどの単元に関わってくる重要単元です。高校数学がバラ色になるか、イバラの道となるかはこの冬の皆さんの頑張り次第です。


中2数学ハイレベルB

目標この冬、高校数学への最良のスタートを切ろう!

「中学幾何の完成と高校数学のスタート!」がテーマです。中2数学ハイレベルB【前半】の「三平方の定理」は中学幾何最終単元という性質上、既習内容との融合問題が主となります。この講座では、様々な種類の問題演習と解法に必要な知識の再確認をしていきます。幾何漬けの2日間、集中して頑張りましょう。

中2数学ハイレベルB【後半】では、いよいよ高校数学の始まりです。中学数学でも代数を得意とする人はたくさんいたと思います。

しかし、高度な計算が求められる高校数学ではその力をより一層磨かなければなりません。単なる計算問題として、練習さえ積めば良いものではありません。解法のコツを手に入れ、その上で練習を重ねてこそ大学受験にまでつながる学力を身につけることができるのです。


中2生へ。冬期講習受講者の声

中2英語S+

  • 難しい英語を訳せるようになりました。(神戸女学院)
  • 学校で習った比較と連携していてとても分かりやすかったです。(小林聖心)
  • 分かりやすく短期で身につく授業でした。(大教大附属池田)
  • 全体的にとても難しかったが、授業を受けて英文を一つひとつ理解していくことで、講習内容を確実に身につ けることができました。(清風・理Ⅲプレミアム)
  • 文法をしっかり学ぶことができてよかったです。(同志社国際)

中2英語S

  • 中途半端な理解にならなくてよかったです。分詞などの高校内容のほうも分かりやすかったです。(東大寺)
  • ポイントが一つ一つおさえられてよかったです。復習がきっちりできました。また、自分の弱点がわかってよかったです。しっかり高校英文法を学習していきたいです。(神大附属)
  • 難しい長文や新たな文法があったけれども少しずつ理解することができました。(大教大附属池田)
  • 頭から抜けている内容ばかりだったので、この講座を受けたことできちんと復習できて良かったです。(大阪星光)

中2英語SA【後半】

  • 注意すべき英語の使い回しを説明してもらえてよかったです。(高槻)
  • 学校のテスト範囲の復習と新しい範囲「準動詞」を習うことができ、充実した授業になりました。(六甲)
  • 自分の苦手な不定詞や動名詞の復習と練習ができたので、この授業を受けられてよかったと思いました。(大教大附属池田)
  • 第2講の単元が苦手だったが、復習することである程度理解することができました。重要な所をまとめて教えてもらえたのでノートがとりやすかったです。(清風南海・特進)

中2数学S+

  • 学校の授業を先取りして勉強できてよかったです。(灘)
  • 高校内容は難しいが、今この時点で触れることができ、大きなアドバンテージとなったと思うので、これを大事にしていきたいと思いました。(清風・理Ⅲプレミアム)
  • 円や直線について深く知ることができてよかったです。(奈良学園登美ヶ丘)

  • 中2数学S【前半】

    • 三角比の基礎から発展レベルまでおさらいができてよかったです。(洛南高附属)
    • 学校では三角比を触れた程度でしたが、受講して詳しいことを知ることができてよかったです。(大阪星光)
    • 学校の先取りができてよかった。解く手順を丁寧に教えて頂いたのでわかりやすかったです。(四天王寺・英数Ⅱ)

    中2数学SA

    • 高校レベルを中2の段階でできて良かったです。今後の自信につながりました。(六甲)
    • 先生がとてもわかりやすく教えて下さったので、しっかり知識が定着しました。(小林聖心)
    • 解説がとても分かりやすいので、きちんと理解ができました。(四天王寺・英数Ⅱ)
    • 色々な問題をどんどん解いていったので、解き方をより深く理解することができて良かったです。(神戸海星)

    中2数学SB【後半】

    • 授業が面白かったこと、高校数学を理解できたことがよかったです。(親和)
    • 学校とほぼスピードが同じなので、復習になったり予習になったりしてよかったです。(奈良学園)
    • これから学校で習うであろう複雑な因数分解や展開にふれられてよかったです。(大教大附属池田)
    • 分かり易くまとめて問題の解き方を教えて頂けてとても良かったです。(四天王寺・英数Ⅰ)

    ※2019年度とは講座名・講座内容が異なる場合があります。

    冬期講習2019デジタルブック

    冬期講習2019のカリキュラムおよび要項は、以下のデジタルブックをご覧ください。

    冬期講習受講案内2019

    冬期講習2019受講案内

    教室や自習室をバーチャルツアーで見学!

    研伸館中学生課程高の原校の受付/食事ルーム

    研伸館中学生課程高の原の教室

    お申込みから受講まで(一般生)

    1受講講座を決める

    ご不明な点、お悩みの点等ありましたら、各校の窓口にお気軽にご相談ください。

    2お申込み

    窓口での申込の場合

    冬期講習申込書に必要事項をご記入・ご捺印のうえ、申込締切日19:30までに受講希望校舎の受付まで提出してください。 申込書

    窓口受付時間〈月~土〉13:00~19:30

    • 日曜日は9:30~17:30
    • 休館日(下記参照)は窓口受付は行いません。
    • 休講日など受付時間が校舎により異なる場合があります。

    休館日

    【JR住吉校】12/8(日)までの日曜及び12/30(月)~1/3(金)
    【阪急豊中校・学園前校】1/1(水)・2(木)
    【高の原校】12/31(火)~1/3(金)
    【千里中央校】12/15(日)までの日曜及び12/20(金)・25(水)、1/1(水)~1/3(金)
    【上記以外の校舎】1/1(水)


    FAXでの申込の場合

    冬期講習申込書を受講希望校舎にFAXしてください。申込後、申込校舎より確認のお電話を差し上げます。その時点で、申し込み受理とさせていただきます。(翌日以降になることもあります。) 申込書


    WEBでの申込の場合(一般生のみ)

    「冬期講習申込ボタン」よりお申込ください。申込後、申込校舎より確認のお電話を差し上げます。その時点で、申し込み受理とさせていただきます。(翌日以降になることもあります。)


    申込締切 各講座開始3日前19:30までです。※Dターム開講講座の締切は12/29(日)19:30です。
    お問合せ先 各校舎
    • 締切日前でも定員に達した場合はその時点で締め切らせていただきます。
    • お申込み後の講座の減少・取消はできません。 納入された学費は、いかなる場合もお返しできませんのでご了承ください。
    • お電話でのお申込みは受け付けておりません。

    3学費納入

    申込後、「学費等お振込のご案内」を郵送いたします。期限(「学費等お振込のご案内」に記載)内にお振込みください。

    4テキスト配布

    申込まれた中学生課程各校舎で配布いたします。校外生の方は、学費をお振込み頂いた後、お受け取りください。

    配布期間 12/9(月)~
    配布場所 研伸館中学生課程 各校舎受付
    配布時間 13:00~19:30
    ※日曜日は9:30 ~17:30
    ※休館日(上記参照)は配布を行いません。

    但し、以下の講座の教材は、冬期講習の授業内で配布いたします。

    授業内で配布 学校進度対応講座、「数学ハイレベル[清風/大教大附属]」、「中1英単語&英作文強化」、「中1国語~現代文を読み解く~」、 「中1・中2Magical science tour」、「中2・中3国語【現代文記述】」、「中3特選数学への道」、英語4技能PiCK-Intensive

    5冬期講習受講

    • 授業教室を確認のうえ、座席表に従って着席し、授業を受けてください。(授業教室と座席表は館内に掲示しております。)
    • 授業初日は少し早めにお越しください。
    • ご不明な点等ございましたら、窓口受付にお尋ねください。

    講座の追加申込について

    締切は、各講座開始3日前までです。※Dターム開講講座の締切は12/29(日)19:30までです。
    (一旦申し込まれた後、受講講座を追加される場合は下記の手続きを行ってください。)
    ※定員に達している場合は追加できません。

    申込方法 「講習受講変更届」の提出が必要となりますので、受付窓口にてご確認ください。
    学費 追加後の全学費と既に納入いただいた学費との差額の振込明細書をお渡しします。振込期間内にお振込みください。
    【テキスト】
    追加分の学費をお振込み頂いた後、受け取ってください。

    講座選択について迷っている方は、下記受講相談フォームよりお気軽にご相談ください。研伸館より折り返しお電話を差し上げます。